電子書籍出版や名刺印刷等は専門業者へ【トク得サービス利用】

業界での手続き

笑顔のOL

出版価格は印刷価格と深く関わっている

一口に出版業界と言っても、それに関連する様々な業界との太い結び付きがありますので、それらの関連業界を抜きにしては考えることはできません。たとえば印刷関連の業界も、その代表的なものの一つです。何しろ、あらゆる出版物にとって印刷は欠かせません。雑誌一冊を例に取ってみても、印刷が無ければ成立し得ないのです。そう考えると、出版と印刷とは一心同体の関係と言えます。それゆえ、書籍などの価格も、印刷価格と深い関わりがあります。もしも本を自費出版するような場合、その価格の相場を知りたければ、それは出版社に尋ねるよりも、専門の印刷会社に聞いたほうが早いでしょう。本を作るための印刷価格や印刷製本価格などは、印刷会社にこそ聞くべきです。

関連業界の未来は明るい

ところで最近はインターネットの発達によって、電子書籍などが普及し始めています。それによって、一部では紙の印刷物は苦戦を強いられるようになってきました。しかし、だからと言って書籍などの紙の印刷物が無くなってしまうと考えるのは早計です。このままネット社会が全世界に拡がったとしても、出版業界も印刷業界も決して無くなることはないでしょう。むしろデジタル社会の中でこそ、アナログ的な紙の書籍は価値が高まってゆくと考えるべきです。書籍や雑誌などをはじめとする様々な出版物は、実物を手に取ってみることにこそ大きな価値があるのです。それは、デジタル技術による単なる情報伝達とは違って、温かな人の手の温もりをも伝えることが出来るのです。