電子書籍出版や名刺印刷等は専門業者へ【トク得サービス利用】

代行サービスの利用

本

出版業者ではチラシや広告などの印刷代行サービスを行っていることがあり、多くの会社や企業と提携をしていることが多いです。そこで出版業者に印刷代行サービスを依頼した時には、いったいどれくらいの価格傾向となっているのかを調べていきます。一般的に出版業者で行っている価格傾向として、部数や紙の大きさが大きくなるにつれて費用についても上昇する傾向があります。しかし部数については少数だと商売にならないため、100部以上などのある程度まとまった数での依頼で引き受けている業者が多いです。費用についてはモノクロであれば100部で5千円以下で行っていることが多く、企業としてもとてもリーズナブルな金額となっています。しかしカラーでの印刷や紙の大きさにこだわった場合には、100部であっても5千円以上になってしまうことがあります。

広告会社や旅行会社などでは大量のパンフレットやチラシなどが必要になるため、特定の出版業者と契約を結んでいることがあります。そこでは印刷代行サービスを出版業者に行ってもらうことが多いですが、現代のように認識されるようになったきっかけについてみていきます。広告会社などでは業務を行っていくうえで大量のパンフレットなどが必要になりますが、自分の会社では印刷を行うことが出来ないです。それには大量の印刷紙や印刷機が必要となるため、一般企業にとってはそこまで経費をかけることが不可能な場合があります。そんな企業の需要に答えるために誕生したのが出版業界となり、印刷代行サービスの提供を始めていきます。すると多くの企業から利用の依頼があったために、この流れが現代でも継続されている形となっています。